トップ  > ファンが出来る店作り

ファンが出来る店作り

 ファンが出来る店 あきない店作り

お客様の立場で考え、基本を見直し、
商品,空間の組み立てを再編集する
お店の内容をリノベーション

ココにしかない心地よい空間を作りませんか?

商品の流通においてモノがなかった時代、
モノが不足していた時代は、
モノを手に入れることが目的、

モノが足りて販売方法が多様化した 今は、
買い方の変化に応じた、売り方の工夫
お客様に合わせたサービス、おもてなしを考え
購入に繋がるように
購入後の意味のある体験を創造出来るような仕掛けが必要

お客様は、 体験を実現するためにモノを買う
モノだけでは,ない時間の消費を楽しむ傾向にあります。

 

 
 (TREND VALUE 展示会例)
福岡ギフトショーにて九州から発する物語り企画ブース
中央に試食コーナーを設置した事で人が集まり会話が生まれ
コミュニケーションスペースになりました。

店づくりには、見落としてしまう基本的な内容を見直す事で
自社のスタッフが気づきとスキルアップにより
継続的な魅力的な店作りが行なえるようになります。
 

ポイント

1 買う人、マーケッテイングを軸にした店づくり
2 コンセプ、商品の理念の確認、
3 ココにしかない強みの見える化
4 視覚的効果の消費行動
    AIDMA を基本に人が見える範囲を中心に考え
5 店舗の売り方、見せ方の基本の見直し
6 商品を買う行為には、、”感情” が大きく作用している為に
  お店の興味・関心を抱くような訴求を考える
7 生活文化を軸として
  体感ワークショップの販促の組み立て指導、マニュアルづくり
8 sas,ラインを活用した、広報を考え
  コミュニティーのある店作りを目指す

 
一度、店、商品、お客様の現状を整理整頓してリセット 

同じ商品でもどうまとめるか?どう置くかによって売上が変わる!

 

         お店全体を編集し直し

 

  来てくれそうなお客様が満足、楽しめる内容を作る

       お客様と店が両思いの コンセプト

     見えない中身を組立て良さを見えるように!

  ファンが出来る、あきない店のシステムを作りませんか?

       店の中身のリフォーム承ります